チェックリストに追加しました。

インタビュー&ニュース

月別

ニュース

3年で甲子園! クラーク記念国際高等学校が通信制で初の出場決定

投稿日: 2016年08月01日

20160801_1L(引用元:https://www.clark.ed.jp/information/announce/?page=1#4949)

2016年7月21日、全国高校野球選手権大会・北北海道大会にて、クラーク記念国際高等学校が優勝し、同校初となる甲子園への切符を手にしました。なお同校は通信制高校ですが、通信制の高校が甲子園出場を果たすのは全国でも初めてのこと。

クラーク記念国際高等学校の野球部が創立されたのは、2014年。今回の甲子園出場は創部3年目で達成した快挙です。

駒大岩見沢を過去12回甲子園出場に導いた名将・佐々木啓司監督の元、9人でスタートした野球部は、2016年には34人に。校舎から徒歩5分にある野球部寮で寝食をともにしながら、甲子園の夢を追いかけてきました。

野球への希望を胸に進学したものの雰囲気になじめず退学。それでも夢を諦めきれずに、クラーク記念国際の扉を叩いた生徒など、通信制高校ということから、同校にはさまざまな事情により編入してきた選手も少なくありません。

甲子園の組み合わせ抽選は8月4日。試合は8月7日から始まります。選手たちの最高の夏、ハレナビ編集部も応援していきたいと思います。

この学校の情報

クラーク記念国際高等学校でチャレンジできること・特徴

  • スポーツを頑張りながら高校卒業したい
  • ダンス・音楽・芸能の分野にすすみたい
  • 大学進学の準備がしたい
  • 留学・海外大学進学を目指したい
  • クラブ活動・部活動をがんばりたい
  • 学校に毎日登校したい
  • 学校への登校数を選びたい
  • インターネットで学習したい
  • 不登校のサポートをして欲しい

この記事に関するタグ

関連する記事